男の美学・・・・やさしさ(愛する、あのひとを台所から解放する)
 
  
 
 宮城県社会福祉部:平成21 年度 地域資源再構築・連携型福祉サービス支援事業報告書
「男の台所」の活動記録はこちらからご覧になれます
 


平成22年度:第八期生修了式
 平成23年5月12日:青葉区一番町藤崎斜向・森のパルクにて

本来であれば、習い覚えた料理の腕前を発揮して
修了記念創作料理に舌鼓を打ち
安海塾長先生から高好評をいただくつもりでした。
残念ながら、大震災のために各市民センターは避難所になっており
第八期生の学び舎である富沢市民センター(修了式当日避難者51名)も
使用不可で、内容を一部変更して森のパルクにおいて修了式を終えました。
関係者の皆様の、ご支援、ご協力を心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

事務局
 
 

 2011年年頭挨拶 : 安海 賢 塾長 
こちらから、ご覧ください


 安海 賢 塾長 顕彰される!!
 
去る、2010年10月29日に弊塾代表 安海 賢塾長が、仙台市情報・産業プラザで行われた
「平成22年度・高齢社会フォーラム・イン仙台」において内閣府より
エイジレス・ライフ実践者及び社会参加活動の対象実践団体
「男の台所」の代表者として顕彰されました。
誠におめでとうございます。
 
 
 壇上にて表彰を待つ、安海塾長
 
 表彰を受けた塾長並びに皆様
 
 塾長ご夫妻を囲んで、表彰式に駆けつけた「男の台所」の皆様との記念撮影
 
司会者からインタビューを受ける安海塾長 
 
男女共同参画審議会のメンバー 樋口恵子氏と記念撮影する安海塾長
 
 
第八期生:開講式にて
平成22年6月4日 



平成22年6月4日 第1回講習会を前に
富沢市民センター 赤坂館長先生より、御祝辞をいただきました。




市橋先生の講義が始まり、「男の台所」富沢教室 第8期生は
「男の食の自立」と「仲間づくり」と「社会貢献」の目標に向かい大いなる船出をいたしました。

「男の台所」のユニホーム 
 
 「男の台所」富沢教室のユニホームというべきエプロンは、健康に食生活を楽しみましょう。
 がスローガンですから地色はやはり野菜畑を想像させるグリーンが最も適していると考えて採用が決まり、その上部に男の台所の文字を金色で刺繍し、野球では名前を背中にローマ字でつけておりますが、「男の台所」では、名札の変わりに胸に同じく金色で刺繍して規律を持って料理学を究めんと着用するものである。 

 
高齢者が住み慣れた町で地域の住民として安心して
自立した生活ができる
ように、

 地域のみなさんとともに食事支援活動を通してそのお手伝いがしたい。
 そのような熱い思いを共有する仲間と合意して
   「男の台所」を設立。 
 
 
トピックス お知らせ
農林水産省の「地域に根ざした食育コンクール2007」食生活改善特別賞を頂きました
「食育白書(平成21年度版)」6月23日内閣府発行に取り上げられました。
男の台所 入り口 
 
 ****************************************************************************************
 
26 27 28 29 30
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 31 1   2 3  4  5   6

    「男の台所」富沢教室

富沢教事務局:仙台市太白区郡山字上野11-3
TEL022-308-6668 FAX022-308-0678

古川教場事務局:大崎市古川字上古川83-2
TEL0229-23-2228 携帯090-9744-1623

 U R L  http://otokonodaidokoro.jp
 富沢教  atnet21@gaea.ocn.ne.jp
 古川教場  howking63@mx91.tiki.ne.jp
 
 ****************************************************************************************